未分類

午前7時35分発の上り電車…勇気をもって乗り込みました。

久し振りに通勤ラッシュと言われる時間に電車に乗りました。ビジネスマンの皆さんの邪魔になってはいけない…と緊張して乗り込んだ電車は、隣の人と肩が触れるか触れないか程度の混雑具合。私は座席前の一番端のつり革をつかんで立っていました。

途中、乗り込んで来たお姉さんが私の横の手すりに掴まり立ち止まりまして…当然、続く乗客の波に押されますよね。しかしお姉さん、そこから退くことはせずに何故か手すりにしがみつきグイグイと私にに迫ってくるんです。重たいよ…そんな密着するような混雑じゃないでしょうが。イラッときて、「お姉さんお姉さんポジショニング間違えてますから。あっち(私の後ろ)とか、あっち(反対側のドアの方)とか、空いてるスペースに進んで下さい」と言うと、不服そうにコチラを見たあと少しだけ身体を離して、尚そこに留まりました。

だから近いって!そんなに他に空きスペースもある車内で、ラブラブカップルかっていうの。とその時、電車が大きく揺れました。なんとか自立しようと頑張ってる人の重さなら支えてあげる気持ち満々の私ですが、ハナから頑張らない人が相手の場合はさにあらず。ホラやっぱりね。私がちょいと身体をよけただけでお姉さんは『クルンッ!ボテーッ』と、座っている乗客の上に突っ込んでいきました。またまた恨めしそうな顔されたけど知りませんって!そもそも、その手すりは何の為に死守したワケですか?!

きっと、向こうはむこうで言いたい事があるのでしょうが、私からすれば、すべて『自業自得』というもの。ただ、座って安眠してたオジサンはちょっと気の毒だったかしら。

最近はマナーやシステムが向上しているのかな…と淡い期待を抱いていたのですが、通勤電車内って今も昔もやっぱり色々と窮屈なのは変わらないんですね。