Browse Month by 9月 2016
未分類

心の幅を広げられる絵本

最近、絵本をよく買います。先日は、ビアトリクス・ポターの「まちねずみジョニーのおはなし」を買いました。ビアトリクス・ポターは、ピーターラビットシリーズで有名。絵が優しくてとっても繊細です。この「まちねずみジョニーのおはなし」は、イソップ物語を元に書かれていて、いなかのねずみのチミーが、野菜のカゴに入ってうっかり街まで運ばれてしまうお話です。以前、テレビでアニメーション化されたものを放映していて知りました。

いなかのねずみのチミーは、運ばれていった先のお屋敷の床下で、まちねずみジョニーと知り合います。この絵本の中で、ジョニーがいくらおもてなしをしても、チミーが喜んでくれず、ガッカリするシーンがあります。私は、こういうことは人間の世界でもよくあることだな~と思いました。いなかから来たチミーにとって、いろんな物音や猫など、すべてが怖くてたまりません。ある人にとって楽しい場所が、別のある人にとっては全く楽しくないのです。

チミーは、また野菜のカゴに入って無事いなかに帰って行きます。ここで、私もすごくほっとしました。そして、今度はジョニーがいなかへやってきますが、牛の声が怖いのです。あまりにも静かでつまらなくなり、ジョニーはまた街へ帰ります。

作者のビアトリクス・ポター自身も、もちろんいなかの方が好きだそうです。でも、この絵本を読むと、いろんな人の考え方を大事に出来るようになるので良いと思います。

未分類

家計のやりくり力を高めたい!

皆さんのお宅の家計管理は奥様ですか?旦那様ですか?私の家庭では家計管理は私がやっています。
専業主婦になり4年が経ち、今一番力を入れている主婦業は家計のやりくりです。
仕事を辞めて旦那さんのお給料だけで生活していく上で、しっかり子供の教育費を貯金して、支払い諸々を管理し生活費のやりくりをする。
と完璧に出来れば良いのですが、お恥ずかしい話主婦業4年間のうち、3年間は全く貯金など出来ていませんでした。
家計簿は一応つけていたものの、本当にただ「書いているだけ」の家計簿でした。
「節約」「貯金」「やりくり」といった言葉は頭にはあったのですが、その方法が迷走状態で通帳の金額は減っていくいっぽうでした。
このままではいけないと、次女の妊娠を期に家計診断をしてもらう事にしたのです。
そこから私のやりくりスイッチが入りました。家計診断をしてもらった事で改善していくところが見つかりました。
固定費の見直しと削減、生活費の見直し等を行い金額が減るいっぽうだった通帳もこの1年で多少なりとも増やすことが出来るようになりました。
けれども、まだまだやりくりの基礎を知っただけで自分に合ったやりくりの方法が見つかっていません。
家族の健康を守る食費だったり、家族で楽しむためのレジャー費だったり、家族が病気やケガの時に出せるお金だったり、もちろんこれから大きくなっていく子供たちの教育費だったり、家族が笑顔でいられる為のやりくり方法を、日々勉強していきたいと思っています。